成功事例

<借家 事例1>

【家主さんの状況】

5年前に母親から、借地上に建つ連棟借家を相続しました。しかし、全部で6件あるのですが2件しか入居者がおらず、賃料も安く、固定資産税よりも収入が低く赤字でした。そこで、内装をキレイにして入居者の募集を賃貸業者に依頼したのですが入居希望者は現れません。
これ以上、赤字のまま所有することはできなくなり、仕方なく地主さんに建物を買い取っていただけないかと相談をしたのですが、地主さんからの回答は「買い取りはできないので、もし借地を返すのであれば更地に戻してください」との返答でした。

【困っていた点】

  • ・家賃収入が低く、固定資産税が支払えない
  • ・売却しようとしても借地権付きの築50年の建物だけなので買い手が見つからない
  • ・地主さんには建物の買い取りを断られている
  • ・入居者募集をするために改修費用を支出しているが、費用が回収できない

【解決方法】

 専門業者に相談しました。その業者は、借地権付き建物だけでも快く買い取っていただけました。売却価格は古い建物だけですので安くはなりましたが、売れるとは思っておりませんでしたので、無事に売却でき安心しました。

【売却して】

 相続してから売却するまでの間、ずっと赤字でしたので本当に困っていました。それでも親の残してくれた建物ですので頑張ってきましたが、最後には無事に解決することができ、買い取り業者さんには本当に感謝しています。

<アパート 事例1>

【家主さんの状況】

45年前、相続した土地にアパートを建てました。当時は、いつも満室で順風満帆にアパート経営をしておりました。
しかし、10年ほど前からは古い木造アパートには入居希望者が集まらず、空室が多くなりました。そのうえ、3年前には2階の入居者が寝たばこによる火事をおこしました。
幸い、全焼は免れたのですが修繕費用も多額になり、それが原因かは不明ですが他の部屋で雨漏りもするようになりました。雨漏りを修繕する費用も捻出できないので、その部屋は入居募集せずに放置していました。

【困っていた点】

  • ・10部屋ある内、3件の入居しかなく収入が低い
  • ・売却しようとしても、収入が低い上に雨漏りもあるため、買い手が見つからない
  • ・収入を改善するために、入居者募集をするが部屋の内装に手を加えないと入居者が入らない
  • ・建物の修繕費用が捻出できない

【解決方法】

なんとか売却できないものかと、近くの不動産業者と買い取り業者に相談しました。近くの不動産業者は「このまま売却するのは条件的にも難しいので、思い切ってリノベーションをしませんか?」と言われ、工事の見積もりを出してもらいましたが、とても支払える金額ではない上に、リノベーション工事をおこなっても高額で売却できる保証はありません。これ以上のリスクは負いたくありませんので、現状のままで専門の買い取り業者に買い取っていただきました。

【売却して】

これ以上の支出は絶対避けたかったので、もしあの時近くの不動産業者がすすめるリノベーションをおこない、多額の借金を背負ったにもかかわらず買い手が見つからなかった時のことを考えると、ぞっとします。現状のまま売却できて本当に良かったです。

<アパート 事例2>

【家主さんの状況】

親から相続した築40年の木造アパートを所有していました。部屋数は12室あり、10室が入居中で賃料収入も満足しておりました。
しかし、2011年3月11日の東日本大震災で私のアパートも激しく揺れ、壁にはひび割れができ、各部屋の玄関ドアと室内の建具が閉まらなくなりました。そこで工務店に相談して修繕していただくことになったのですが、「建物自体が傾いている」と言われ修繕にはかなりの費用が必要とのことでした。でも、入居者がおりますのでこのままにしておくこともできず、応急処置として玄関ドアと建具は開閉できるように修繕してもらいました。しかし、入居者から建物が傾いていては安心して住むことができないので、しっかり修繕してほしいと要望されていました。

【困っていた点】

  • ・建物の傾きを修繕するには、建て直すほどまでの費用ではないが、かなりの費用が必要である
  • ・もし建物の傾きを直すのであれば、入居者が入っている状態では工事費が高額になる
  • ・アパートを修繕もしくは解体するにしろ、入居者を移転させる補償費用は捻出できない
  • ・万が一、この状態で次の地震が発生し建物が倒壊して入居者が負傷あるいは亡くなるようなことがあれば、家主の責任が問われないか心配である

【解決方法】

これ以上不安を抱えたままでアパートを所有しておくことは無理なので、一日でも早く売却しようと専門の買い取り業者に連絡しました。思っていたよりも高く買い取り価格を提示され、現状のまま売却ができました。

【売却して】

次の地震が発生した時のことを考えると、本当に怖かったです。肩の荷がおりて本当に良かったと思います。その後、買い取り業者が入居者に対して移転補償を支払い、移転していただいたとのことで、現在はキレイなマンションが建っています。

ページトップに移動