成功事例

<底地 事例1>

【地主さんの状況】

戦前からの建物が立ち並ぶ土地を代々引き継いできました。その土地は地主さんの自宅と駐車場以外は、借地人さんが店舗や住宅を建てて所有しており、大部分が底地(貸地)だったのです。
戦前からの建物だったので、借地人さんの建物は相続が繰り返されて複数人の共有名義になっていたり、何代も相続されて所有者がわからなかったりと、権利関係が複雑でした。
土地の面積は広かったのですが、その資産を活用できているかというと、全くそうではなく問題が山積みでした。自分の娘にこの土地を相続させることが、果たして娘にとって幸せかを考えるといつも疑問がありました。

【困っていた点】

  • ・借地人さんの数人が地代を滞納している
  • ・借地人さんが複数人で遠方に散らばっている
  • ・空き家のまま放置されている建物がある
  • ・地代は振り込まれているが、連絡がつかない借地人さんがいる
  • ・嫁にいった娘にこの土地を相続させることが正しいか不安

【解決方法】

権利関係が複雑なため、自宅と駐車場の土地だけを売却しても土地の形が悪くなるために売却価格が安くなってしまい売却のメリットがありませんでした。
そこで現状のまま売却することで、借地人さんとの交渉の手間も省け、売却価格も納得のできる範囲で解決することができました。

【売却して】

今まで、ずっと心に引っかかっていたものが消えてすっきりしました。最初は先代から引き継いだ土地を売却してしまうことに後ろ髪をひかれていたのですが、今は売ってよかったと思っています。娘も、口にこそしていませんでしたが、やはり不安があったようで喜んでくれています。
今、その売却した土地にマンションが2棟立っています。近隣住民の方も『通りがキレイになり、明るくなった。人も増える』と喜んでもらえているようで、自分が生まれ育った地域が活性化されていく姿を見るのも嬉しいです。

<底地 事例2>

【地主さんの状況】

その土地は、20年前に他界した父親が所有していた底地(貸地)と更地でした。今回、母親も亡くなり私と妹で相続することになったのですが、二人とも遠方に嫁いでおり管理するには難しい状況でした。
また、父親が生前に借地人さんと裁判をしており、借地人さんとは不仲であることは承知していましたが、借地契約に関する資料が見つからず何もわかりません。こんな状態でこの土地を相続しても、問題ばかり増えるのではないかと不安でした。

【困っていた点】

  • ・借地人A氏に底地の大部分を貸しており、A氏がアパートを経営しているが、A氏からの地代が安いために、全体の収入が低い
  • ・借地契約の関係書類がなく、振り込まれている地代が正しいのかもわからない
  • ・借地人さんとの関係が悪く、借地人さんに契約内容を聞くこともできない
  • ・建物が建っていないスペースに、借地人さんが勝手に自動販売機を設置しており、敷地内の違法駐車も日常的になっている

【解決方法】

妹と相談して売却することを決断し、近くの不動産業者に相談しました。しかし、底地部分の事情を説明すると売却は難しいとの回答でした。
そこで知人から紹介された、底地専門の買い取り業者に相談したところ更地部分と一緒に底地を買い取っていただき、売却価格も更地があったため、妹と分けても納得がいく金額になりました。また、現状のままでの売却となったので、わずらわしいことからすべて解放されました。

【売却して】

せっかく両親が残してくれた財産です。相続放棄することはできませんので悩んでおりましたが、無事に売却でき姉妹で喜んでいます。
両親の残してくれた資産は、形こそ変わりましたが、私たちの老後の蓄えと孫たちの教育費にもなりましたので喜んでくれていると思います。
現在は、底地部分はそのままですが、更地部分には住宅が並びキレイな街並みになっています。

ページトップに移動